伝わった! おもてなしの心

伝わった! おもてなしの心

Home » サマンサブランド » 伝わった! おもてなしの心

サマンサが一番大事にしている『おもてなしの心』は、
いくつもの『感謝』を生み出しています。
病院・量販店・ホテル・公共施設など、
様々な施設のさまざまな業種において活躍するサマンサスタッフ達。
ここで紹介する記事は、サマンサのお客様の施設やサービスを
ご利用になられた方々から頂いたお手紙やお言葉を紹介します。

丁寧な言葉、礼、仕事でした

神戸市の病院 ご利用者様より
*********************************************************************

清掃の若い女性の方
部屋に入る時、帰られる時、「お掃除させて頂きます」「終わりました」と丁寧に言葉と礼をされました。仕事の方も角々ときれいにしていただき、短い入院生活でしたが快適に過ごしました。ありがとうございました。

*********************************************************************
こちらこそ嬉しいお言葉を頂き感謝いたします。
どうぞお大事になさってくださいませ。

[この記事を読む]


大変感謝しております

S病院のご利用者様より
*********************************************************************
S病院の総合案内の皆様
いつも夫が本当によくしていただき、
お世話になっております。
大変感謝しております。
よろしければ、皆さまで召し上がって下さいませ。

*********************************************************************
こちらこそ、お心遣い感謝いたします。
どうぞお大事になさってくださいませ。

[この記事を読む]


ありがとうございます

IMG_1446 

いつもお掃除の方のあいさつが

元気で笑顔で素敵だと思います。

ありがとうございます。

生け花も癒されます。

ありがとうございます。


愛知県 安城更生病院のご利用者様より
平成28年10月31日


*こちらこそ、ありがとうございます。
どうぞお大事になさってくださいませ。  

[この記事を読む]


心がほっこりしました

IMG_1436 

毎日部屋をきれいに掃除して下さり
ありがとうございます。

仕事だからとは言えないなーと思って
書きました。

どんな仕事でも心が込っていないと上部だけに
なってしまいます。

若い方ですが掃除という仕事に誇りをもって
やっている姿に心がほっこりしました。


愛知県海南病院のご利用者様より
平成28年9月


*あたたかいお言葉、ありがとうございます。

 どうぞお大事になさってくださいませ。  

[この記事を読む]


気持ち良く入院出来ました

安芸市民病院 患者様からの手紙

清掃の皆様へ

今日、退院する事になりました。
入院中は、お部屋のお掃除

ありがとう御座居ました。

おかげ様で気持ちよく入院生活も

出来ました。

皆様方も熱い日々のお仕事・・・

お体を御自愛下さいませ。


131号室  8/12  D様

広島 安芸市民病院のご利用者様より



*あたたかいお言葉、ありがとうございます。

 どうぞお大事になさってくださいませ。  

[この記事を読む]


すごく気持ちがほっこりしました!

IMG_0873

お世話になった下村ひろ子様
(クラーク業務担当 写真下)

いつも丁寧に、安全に案内してくれて、
説明してくれて、育児母親の先輩としても
子育ての可愛くて面白いエピソードを
お話ししていただいたりして、
すごく気持ちがほっこりしたし、
ためになりました。

家に帰ったら、
がんばって待っててくれた娘たちを
ぎゅっと抱きしめたいと思います。

お世話になりました。ありがとう♡
IMG_0877

6才と2才半の女の子のママ
(入院されていたご利用者様より)
【2015年4月 病院へのメッセージ】

[この記事を読む]


人財を育てる

 今、手元にある企業の季刊誌があります。vivid-ja
医療事務や警備などを手に掛ける会社に勤めている
教え子が届けてくれた「社内交流誌」です。
 表紙をめくると、目に留まった言葉がありました。

  • 第一はお客様のため
  • 第二は従業員のため
  • 第三は会社のため
  • 第四は会社を倒さないため 

 と書かれていました。
この理念を繋げていけば
「人財を育てることに繋がっていく」
という考えになります。
この理念を胸に多くの社員が心して日々励み、
それぞれの研修を積み重ね、現場に戻って活躍する。
そうした姿を見るのは楽しみでもあります。
 さらに、社長さんが年に一度「親孝行月間」を
設けているそうです。
 社員のみなさんが提出した作文の中から
「これは」と思う作文を紹介するものです。
その中に、教え子の文面が目に留まりました。
 「四月に息子が中学生になった。小学生の頃とは
比べものにならない学習量とハードな部活の両立に、
心の成長が追いつかない息子にイライラしていた。
 気が付くと私が子どもの頃、母に言われた小言や
言われても自分の心に全く入ってこない小言、
私が母と同じ立場になってみてようやくその思いに
気づかされている。
 子育てに終わりはないかもしれない。
『親孝行月間』にあたり、私が思うことだ。
大切な一人息子を世の中に通用する人間に育てて
いくことが何よりの親孝行。
そのために私は今自分を磨いているのだと思う」
 とありました。
  私もこの文面を読み、暖かいものが込み上げてきました。
 全国で働く3000人近くの社員のみなさんが、
今ある命を育ててくださった親への感謝の気持ちを持った時、
そこには、素晴らしい人財が育ち心のこもったおもてなしの心が
培われることでしょう。
そうした社員が、全国で一人でも多く活躍してくださることを
期待したいものです。

福嶋美雪さま 【2016年3月 vol.289 JAながの月刊マガジン vivid掲載】 

[この記事を読む]